不動産活用に必要なマンション管理等の手間は業者への依頼で削減

PICK UP

  • 相談する人

    分譲マンションの経費

    分譲マンションに入居した際、義務となるのが管理費と積立金の支払いです。管理費は、毎月のマンション管理のために使われます。積立金は、将来的にマンションを大幅に改修するときに備えて積み立てておきます。

  • 説明を受ける女性

    土地代金を節約

    個人経営の会社や店を持つ多くの方が、店舗併用住宅を活用している。住宅と店舗の2つの土地代や賃料を払う必要がなく、税金も安く収まるため経済的なのだ。経営者にとって、土地代の節約は非常に大きなプラスとなるのである。

  • 赤いマンション

    オフィスをデザイン

    オフィスの環境は、仕事効率に関係する重大な要素の一つです。オフィス環境を働きやすいものにするため、オフィスデザインを請け負っている専門の業者があります。依頼することで、従業員のモチベーションアップに繋がります。

  • 白いマンション

    働きやすさを見る

    貸事務所を選ぶ際、求めるものは賃料だけではない。働きやすさも重要視するべきである。周辺環境や、建物内の設備によって、従業員のモチベーションは大きく変化する。そのため、仕事をする上で快適と言える貸事務所を探すことが重要なのだ。

マンション管理を委託

マンションやアパートが立ち並ぶ町並み

マンション管理は所有者本人が行う必要はない

資産家や投資家の中には、資産運用の手段としてマンションを購入して賃貸で利益を得ようと考えている人がいます。 しかし、賃貸借契約に関する手続きは複雑でこれらの手続きをすべて行うことを考慮すると非常に時間がかかってしまうのです。 他の資産運用を併用しているのならばなおさらですので、マンション管理を他の人に任せることが大切になります。 特に、不動産会社を利用すれば個人であってもマンション管理を委託して賃貸借契約を締結できるようになるため安心なのです。 この場合、委託してマンション管理の権限はすべてその不動産会社に委譲することになります。 賃貸における利益だけを享受できるようになるため、資産運用をするためには最善の策だと言えるのです。

全ての業務に関して責任を任せる

マンション管理を不動産会社に任せると、全ての業務に関して手続きを行ってもらうことが可能になります。 例えば、マンションで賃貸借契約を行うときには賃借人の選定とそれに関する厳密な審査を行わなくてはいけません。 この審査に関しては保険会社などを通さなくてはいけないこともあるためかなり複雑なのです。 しかし、マンション管理を全て任せておくと必要な賃借人の選定すら任せることができます。 賃貸借契約を締結したという結果だけを報告してもらうことができるため、面倒な処理を行う必要がないのです。 また、マンション管理によって生じた失敗やトラブルは委託された不動産会社の責任となります。 この場合、賃借人から何かを訴えられても一切所有者は責任を取る必要がないためリスクも全く存在しないのです。